--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/15/2005    ふぎゃー。
疲れたっつぅの。
しんどー。
最近ブログを見てくださる方が増えた気がするのは楓だけ?(はい、そうです。




今日はせっかくの先生方通信簿付けの日で休みだってのに
ジェフとのレシテーションのレッスンがはいってしまいました。しくしく。



いや、たのしーからいいんだけどー。






でもさー、明日うちのクラスだけ進研模試のテスト直し提出なんだよー。
ひどいよひどいよ。しかもなんで明日〆切ですか。ねぇ。






これから勉強して間にあうのかな。。。。
予習もせんなんし。。。。orz











今日レシテーションのレッスン受けにk高校まで
車で行ったんですが
母親と外国の話?になりまして。

母「そういえばあんたじいちゃんにホームステイしたいって言ったんだって?」
楓「(じいちゃん喋りやがったな)うん。行きたい。」
母「そんなら1年生の夏休み行けばよかったのに。








Σ








ま じ で!!??!!?





てか、行ってよかったん?




母「でも2年生なったらそんなのやってらんないわよ、夏休みなんて。」
楓「じゃ、じゃあさっ、春休みとかーーーー。><」
母「春休み短いじゃない、ホームステイってやっぱり1ヶ月くらいでしょ?」
楓「え、そんないかんでもいい、2週間くらいで。」






でおわったんだけどもしかしてもしかすると楓にも短期留学できるチャンスが??!








しーたいー。憧れの地へー。勉強しにいきたいー。

もっと外国の文化が知りたいのさーー。







今日のジェフのレッスンの英語のレベルは高かった。
最初に職員室に行って、そしたらマイ イングリッシュ ティーチャー(葉山)仮名)がいなくて。

ジェフのみで。しょっぱなから困った。




楓「Where is Ms.Hayama?」
ジェフ「Oh,Hayama sensei? Ah.......I think she is meeting.」
楓「Oh,well....(困った)What time does she come back here?」
ジェフ「Maybe come back to at 4:00」(この時3時)






げ。



楓「On no!(笑 ah.....By the way, I don't have any recoders.」
ジェフ「Oh....??」
楓「Ah...speech.」
ジェフ「For speech?」
楓「Yes.For speech.」
ジェフ「On my God. Oh....%&#$"#$%&'()0{}*::***;;7%$6」

↑のところから聞き取れず、しどろもどろ。
ただでさえこの会話にしどろもどろで、緊張して小さいのに
もう棒立ち。







ちょーんと。



一人口あけてバカみたいでしたよ。ははー。

そんなとき名前もわからぬ先生が助けてくれましたよ(ォィ

でも英語の先生じゃないからジェフと喋ることできず(笑
その先生が会議中の葉山tをよんできてくれましたよ。いやいや、悪いことしました。。







レシテーションでるもう一人一緒にレッスンうける子も来て、
その子、やばい、楓と比べたら英語ぺらぺらのぺらぺーらだよ。
すげぇよ。何であんな少し考えて文章でてくるんだろう。。
外国も行ったことないとか言ってたし。マジメに感動☆★☆
後羨ましい。ちくしょー。
楓とその子がジェフと喋ってる割合
3:7位だし。
もしかしたら2:8かもしれない(汗(笑


今日も楓のレシテーションの原稿の説明にしどろもどろ。
ついていくのに必死。
ジェフが理解出来ましたか?ってきいてるのに対して
その子の答えは




「Almost.」(ほとんど








楓の原稿なのにわかっちゃってるよこの人。


で、ジェフが楓は?理解できた?って聞いてきたからさー。



「Almost.」って
実際は

「A little.」(少し



のくせに答えちゃったよ。
後でその子に確認したらだいたいあってたからよかったんだけどさ、
あってるか自信なかったし。





ジェフわかんない単語使いすぎなんだよー。





高校で使ってるユニコーンの教科書の予習マジメにしてただけ助かりました。
なむなむ。






Mayu もプレゼンテーション頑張れよー。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaedeschool.blog7.fc2.com/tb.php/112-61c58342
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。